資料請求はこちら
来場予約はこちら
Header

 

歴史と文化を受け継ぐ美しい街熊本にて。

熊本城の玄関口として城下風情が残る新町は、電車通りを擁する熊本の中心。熊本城の玄関口として城下風情が残る新町は、電車通りを擁する熊本の中心。

集約された利便性も、新しい街づくりも常に注目を集め、人々の夢と共に進化をつづけます。悠久の歴史と未来への鼓動を肌で感じるこの地だからこそ住まう誇りを継承するレジデンスを創造します。

集約された利便性も、新しい街づくりも常に注目を集め、人々の夢と共に進化をつづけます。悠久の歴史と未来への鼓動を肌で感じるこの地だからこそ住まう誇りを継承するレジデンスを創造します。

コンセプト

新町は、熊本を代表する新旧の拠点。

築城の歴史を継ぐ新町
安土桃山時代から江戸時代にかけて、加藤清正が現在の雄々しい姿の熊本城を築城。「清正流(せいしょうりゅう)」と呼ばれる石垣の上の御殿などが美しく、日本三名城のひとつという誉れの他、一大名の城としては日本一という評価もあります。当時新町は、熊本城から諸国へ通じる4つの街道の起点であったとされ、四方を新一丁目門、新三丁目門、高麗門などの堅牢な櫓門で固められていました。さらに南北の通りには見通しが利かないようにクランクが設けられ、防衛性の高い中、武家屋敷や町屋といった城下町風情が培われたのです。

官公庁の要所として発展
明治時代の西南の役以降、新町では県会議事所、警察、区役所など都心機能が集約。電信局(熊本郵便役所)も置かれ、写真館や活版印刷所などの新しい商いも新町から始まっています。それに伴い料亭や商業施設が軒を並べ、熊本の中心として賑わう街へ。昭和4年(1929年)には市電が開通しアクセスも向上。一方、明治7年(1874年)に建築された、鴎外や漱石ゆかりの「長崎次郎書店」は今も煉瓦の意匠で佇み、城下町の風情を残す町屋も点在しています。新旧の趣が交差しながら、躍動を積み重ねる街です。

新しい街づくりも、常に都心から。

※1 2017年1月着工

熊本の未来が始まる舞台 新町を含む都心では「中心市街地活性化計画」が進行中です。 熊本の未来が始まる舞台 新町を含む都心では「中心市街地活性化計画」が進行中です。

熊本市では中心市街地の賑わいづくりのために、「2期熊本市中心市街地活性化計画」※2を推進しています。 歴史ある城下にふさわしく、また都市の顔にふさわしい街づくりが進み、さらに魅力ある都心へと進化します。

街づくり基本方針街づくり基本方針
躍動の向上 人々が活発に交流しにぎわうまちづくり

通町筋点・桜町周辺地区における市街地再開発事業などに取り組み、都市機能のさらなる集積と更新を図ります。
 

歴史の継承 城下町の魅力があふれるまちづくり

熊本城の復元整備•城彩苑•美術館など周辺施設との連携強化および海外プロモーション活動などに取り組み、多くの人を引きつける魅力創出を図ります。

交通の充実 誰もが気軽に訪れることができるまちづくり

市電の利便性向上(電停改良、他の公共交通機関との結節強化など)や自転車利用環境の整備などに取り組み、公共交通網の整備を図ります。

※2 出典/2期熊本市中心市街地活性化基本計画(熊本地区)概要版

熊本駅ビルが生まれ変わる。

熊本の未来が始まる舞台 新町を含む都心では「中心市街地活性化計画」が進行中です。熊本の未来が始まる舞台 新町を含む都心では「中心市街地活性化計画」が進行中です。
JR九州は、新駅ビルの計画を発表。商業施設やシネマコンプレックスの他、水と緑をテーマに人口滝や屋上緑化庭園などが誕生する予定です。 JR博多シティに次ぐ大規模開発となり、2021年春(予定)開業すると都心の新たなランドマークとなることでしょう。